連載コラム⑤ 光を味方につける(1)

ドルフィンスルー株式会社
伸縮自在で持ち運びも便利なレフ。

 動画を撮る上で光に注目することはとても大事です。静止画ならフラッシュが自動で立ち上あがってピカッ!カシャッ!けれども、動画の場合、そうはいきません。

 そこで、撮影現場全体を見渡して光の状態を観察します。屋外なら太陽の光。室内なら窓からの光や照明器具の光です。被写体の前から当たる光を順光。後ろからの光を逆光といいます。順光なら失敗は少ないでしょう。でも、あえて逆光で撮るテクニックを紹介します。

 まず、被写体の逆光位置にカメラを設置。次に、レフが登場!(写真参照)光を反射させて被写体を照らします。人物なら瞳の中に光をしっかり入れます。さらに、いろいろ角度を変えて最適な光を調整します。レフがなければ、白紙パネルや光を反射するレジャーシートでもOKです。なお、レフは、写真ように小さく収納できるタイプが便利です。

 【逆光のススメ】

逆光で撮るメリットは、影が強く出ないことです。人物なら鼻の影、料理ならごはんに黒い影ができません。いつもと違う写真が撮れるはずです。ぜひチャレンジしてください。

ドルフィンスルー株式会社
順光・逆光・フラッシュの比較写真。基本テクニックは静止画と共通です。

リンゴを順光・逆光・フラッシュで撮影しました。
順光は失敗が少なく正統派。

でも、逆光はツヤが出てより立体的です。フラッシュは最悪です。

ドルフィンスルー株式会社
筆者は、料理が趣味なんです。

 逆光で栗ごはんを撮りました。逆光なら影は弱く、米粒のツヤが強調されています。ランチョンマットを下敷きにすると色がきれいに見えます。お箸を添える理由は、食動機を刺激するのと全体の大きさがわかるからです。茶碗かどんぶりか、お箸でわかります。


このコラムは、湘南のインフォメーションマガジン「フジマニ」に連載しています。

2014年3月現在。