連載コラム⑫ いよいよアップロード

実は、YouTubeに動画を掲載する=自分のチャンネルを持つということなのです。一度手続きすれば、以後一つのチャンネルに複数の動画を掲載できるようになります。そして、視聴回数や視聴者(性別や国)のデータも得られます。そして、YouTubeにチャンネルをプロデュースするには、まずグーグルアカウントを作成する必要があります。なお、グーグルのアカウントをつくる=Gmailアドレスを取得することではありません!

Googleのアカウト取得画面
パスワードは8文字以上。性別には男女以外にその他もある。

準備として、あらかじめメールアドレス(Gmail以外を推奨)と動画(1点以上)を用意しておくこと!動画は、限定公開や非公開という選択肢もあるので、アップロードすればすべて公開されるというワケではありません。「グーグル アカウント」というワードでネット検索すれば、グーグルアカウントの申し込み画面にたどり着けます。名前、メールアドレス、パスワードなどの必要事項を入力し、利用規約とプライバシーポリシーに同意して「次のステップ」をクリックすれば、すぐにグーグルからメールが届きます。届いたメールに設定されているYouTubeへの誘導に従いログイン後、ページの上部にある 「アップロード」のボタンをクリックし、アップロードしたい動画を選択することでYouTubeへ投稿できます。

←同意のチェックボックスも忘れずに

 

←次のステップがいわば実行キーです。

YouTubeの動画アップロード画面
YouTubeの動画アップロード画面

 

   投稿したい動画データを

←ここにドラッグ&ドロップすればOK。

     簡単操作です。

YouTubeへ映像のアップロードが始めると、この画面になる。
YouTubeへ映像のアップロードが始めると、この画面になる。

アップロードが完了する時間を利用して「タイトル」「説明文」「タグ(検索用キーワード)」をしっかり入力します。サムネイルも3点の中から最適な画像を選びます。タイトル、説明文、タグ、サムネイルは、アップロード後に変更可能です。タイトル、説明文、タグについては、「13.たくさん見てもらう工夫」にくわしく書いています。


このコラムは、湘南のインフォメーションマガジン「フジマニ」に連載しています。

2014年5月現在。