連載コラム⑯ 音を波形で合わせる

カチンコ
これがカチンコ。

リップがシンクロしていない(出演者の唇の動きと声が合っていない)映像には、視聴者は違和感を覚えます。ピンマイクで録音した音声とカメラの内蔵マイクで録音した音声が同期していないケースです。同時録音の撮影現場では、写真のようなカチンコ(英語名はClapperboardで「ボールド」と呼ぶ現場もあります)を使っています。映像の音と外部収録の音を同期させるために拍子木で音を打ち、マーキングするのです。デジタルカメラでは、映像に年月日時刻までを記録できるようになり、また、音声側にも年月日時刻まで記録できるのでデジタル(数字)で音合わせができるようになりました。

昔のフィルムカメラのようにロールチェンジもなく、シーンとテイクさえわかればいいので当社での撮影では同時録音でもカチンコを使うことが少なくなってきました。そこで、カチンコを使わず編集ソフトで波形で合わせる微調整の技を伝授します。

プレミアエレメンツ12の画面です。
プレミアエレメンツ(Adobe社)で音を波形で合わせる方法

動画編集ソフトで「音ズレを音の波形でピッタリ合わせる方法」をプレミアエレメンツ(Adobe社)という編集ソフトで説明しましょう。まず、音声のラインを波形で表示するボタンを押します。左端の白い三角のアイコンです。次に、カメラの音データのすぐ下にピンマイクの音声データを貼り付けます。上記の図では、ビデオ1とオーディオ1がカメラで収録した動画と音声です。ナレーションのラインにあるのがピンマイクの音声です。ピンマイクは通常、モノラルで録音したものが多いので片方のラインにしか波形がありません。音声データをコピペして左右のチャンネルを入れ替えるとステレオになります。エフェクト→「チャンネルの入れ替え」を選択します。ウインドウ(W)からオーディオメーターを出して、左右の音がきちんと再生されているかチェックしてください。

音には波形があり、波形の形状で合わせるのが基本です。カチンコを叩いた動画素材なら、マークアップされた音をガイドにして合わせます。カチンコは、映像と音声を合わせるための道具なのです。ただし、音は秒速340メートルなので、34メートル先の被写体の音声は10分の1秒ズレて録音されます。動画編集ソフトでは30分の1秒つまり、1フレームで微調整をします。もち、34メートルも離れて撮影することはめったにないでしょうけれども…。

※本コラムのシェアやリンクはご自由にどうぞ。