連載コラム25 フィルターワーク

ミラーレスカメラや一眼レフの交換レンズには、フィルターが装着できます。フィルターは、砂やホコリからレンズを守ってくれるマストアイテムと言っていいでしょう。光学性能を落とさない超うす枠タイプがおススメ。通常、「プロテクター」といわれています。

また、さまざまなフィルターを使用することで個性的な「効果」が得られます。たとえば、夜景に効果を発揮するフィルターなら「クロススクリーンフィルター」です。光のイルミネーションや水面、樹木の葉から見え隠れする太陽光などにキラキラとした十文字の光の効果が得られます。実際の映像で見ていただいたほうがいいでしょう。以下は「R-クロススクリーン・ワイド」というフィルターを使って撮影しました。

 この他にも真夏の砂浜で太陽光の照り返しを軽減してくれるフィルターや人物の肌色をほんのり強調してくれるフィルターなどたくさんの種類があります。Kenkoというブランドが最大手です。メイドインジャパン。52mmや72mmなどレンズの口径によってサイズがあります。レンズのサイズを確認してから購入しましょう。