連載コラム⑧ 映像の色の仕組み RGB

チャンネルプロデュース
RGBの色の組み合わせ

 

印刷物は、4色のインクのかけ合わせです。シアン(青)マゼンダ(赤)イエロー(黄)ブラック(黒)と、そして、印刷用紙が白なので結果的には5色で表現しています。

これに対しパソコンやテレビの色は、赤Red・緑Green・青Blueの3色のかけ合わせです。RGBとは、Red・Green・Blueの頭文字です。RGB最大値は255。オール255だとまっ白です。逆に最小値は0。オール0でまっ黒になります。赤は波長が長く画面上でにじみやすく、青は波長が短くシャープにスッキリ見えるという特徴があります。

 
赤や黄色は食欲をそそる色です。
赤や黄色は食欲をそそる色です。

どちらがおいしそうに見えますか?

 

赤は「実り」「完熟」「食べごろ」を

イメージしています。

 

食品メーカーの

ロゴマークカラーに

「赤」が多いのは、

食のイメージを

利用しているからです。

 

人間は、さまざまなモノを

色とともに認知しているのです。

 


このコラムは、湘南地域密着インフォメーションマガジン「フジマニ」に連載していました(2014年)連載をリニューアルしてホームページで公開しています。※本コラムのシェアやリンクはご自由にどうぞ。でも、転載や転用はお断りします。