連載コラム㉖ ブライダルムービー制作の注意点 文字テロップ篇

結婚披露宴での演出は静止画から動画へ
結婚披露宴での演出は静止画から動画へ

結婚披露宴で上映される「ブライダルムービー」を制作する上での注意点(文字テロップ篇)です。

新郎新婦の生い立ちを描いたビデオ、いわゆるプロフィールムービーや披露宴の最初に上映される「オープニングビデオ」など、一般的に「ウェディングムービー」といわれる映像コンテンツに共通して注意すべき「文字テロップ」「文字タイトル」をご紹介します。

まず、終止符の「。」や句読点「、」を使っちゃダメです。終わりや切れ目を連想するからでです。

次に、CMや販売ビデオと違ってブライダルムービーでは、以下の文字がNGの代表です。どこまで気にするか?という許容範囲の問題ですが、不幸や別れを暗示する文字、よくない意味を持つ文字を避けるということです。特に、漢字です。成り立ちがよくないというのが理由です。

ブライダルムービー漢字の注意点
ブライダルムービー漢字の注意点
ブライダルムービー漢字の注意点
ブライダルムービー漢字の注意点
ブライダルムービー漢字の注意点
ブライダルムービー注意点テロップ文字


意外な漢字もNGです

・会場への道順の「道」や荷物お取り扱いの「取」など頻度の高い漢字です。

 二人の道のりなどで使われる「道」がよくありません。道には首があります。さらし首です。取り組みの「取」も使わない方が無難です。取は耳を切るという意味があります。

・ご多忙のところの忙→心が亡いからダメ。

 ※ご多用のところとすればOK。

・お返事は同封の→返と封がダメ。

 ※ご一報や連絡にすればOK。

漢字かひらがなか迷ったら「ひらがな」に…

・是非お願いの「非」もそむくという意味なのでNGです。

「ぜひ」とひらがなにしましょう。文字数は同じです。

・有難うの「難」もよくない漢字ですが、感謝の言葉として使わないムービーはないと思います。「ありがとう」とひらがなにすれば問題解決です。

・分かるもNG漢字ですが、「わかる」にすれば使えます。

 

・漢字として問題なくとも、以下の漢字はひらがな表記が読みやすいでしょう。

宜しく→よろしく 詳しい→くわしい 頑張る→がんばる 美味しい→おいしい

素晴らしい→すばらしい 下さい→ください 出来る→できる


映像の色の仕組み RGB

関連するコラムは、⑳文字テロップのせの基本と裏ワザ、です。

映像クリエイター初心者向きの情報です。

ここをクリック


このコラムは、湘南地域密着インフォメーションマガジン「フジマニ」に連載していました(2014年)連載をリニューアルしてホームページで公開(2018年)しています。※本コラムのシェアやリンクはご自由にどうぞ。でも、転載や転用はお断りします。