映像制作の流れ

発注から完成には、およそ1カ月の納期が必要です。

会社や商品のこと、マーケティング目標や広告目的の確認からスタートします。

 

オリエンテーション

商品やサービスのマーケティング情報を共有します。視聴ターゲットや映像制作の目的を確認をします。納期もご提示いただきます。

 

絵コンテと見積書

絵コンテはいわば映像の設計図です。どれくらいの制作費がかかるのか見積書も提出します。

 

 

撮影本番

ロケやスタジオでの撮影。カメラマンや制作進行など最小限のスタッフで現場を運営しコストダウンを図ります。

 

編集・録音

仮編集試写後、文字テロップやタイトルを挿入。ナレーションや音楽をミックスして映像作品に仕上げます。

 

YouTubeへアップロード

チャンネルをプロデュースし映像をアップロード。タグなどを設定し検索されやすくします→SEO設定をします。

 

映像制作は、テレビCMのように大企業向けのサービスで高価であり、中小企業ではハードルが高いと思われています。

しかし、ドルフィンスルー株式会社では、映像制作の独自のノウハウ・安価な発注先確保により中小企業向けの「低価格」を実現しています。

映像で販売促進やブランディングをぜひ成功させましょう!まずは、Webページからお問い合わせください。