講演、セミナーの講師、引き受けます

・動画マーケティング

・映像クリエイター養成講座

当社代表取締役は、上記のテーマで講演を引き受けています。湘南産業振興財団主催のプレゼンセミナーの講師も担当しています。基本料金は、1回2時間以内で10名までの教室で講演料:50,000円+消費税 (交通費・宿泊費は別途)です。日本全国どこでも参上します。


◆2018年5月18日、日本マーケティング学会第75回マーケティングサロンにて「チャンネルプロデュース-動画マーケティング」のタイトルで講演、登壇しました。

http://www.j-mac.or.jp/salon/salon75/

 

◆2018年12月17日、立命館大学食マネジメント学部において「食と映像メディア」というテーマで講義をしました。65年前に放送を開始したテレビと15年前に日本になかったYouTubeをマーケテイング的な視点で比較することにより両者の理解を深めようという試みです。食と映像の相性、テレビ局とYouTubeの収益構造の違い、テレビ視聴率1%のコストとは?検索エンジンのしくみなどについて話しました。


受講生のコメントより


テレビ、YouTubeをはじめとするメディアは普段の生活と深く関係していることなので楽しい講義だった。今回の講義では、そのメディアの裏の内容や、広告の話といった調べても分からないようなことを知れた。最先端の話を聞けて貴重な体験が出来て良かった。


お話の中で最も印象に残っているのはGoogleの検索エンジンの仕組みを知ることができたことです。

ネットを使っていて自分の気になる情報ばかり広告に上がっていることが奇妙に思っていたので知ることができて良かったです。またこのような外部の先生のお話を聞く機会を設けていただけると嬉しいです。


テレビCMやYou Tubeの仕組みについて詳しい部分まで知ることができました。メディアに関して興味があるので、これを機に学びを深めていきたいと思います。

 

 


なかなか聞くことのできないテレビやYouTubeの仕組みを教えて頂けてすごく興味深かったです。特に、系列テレビ局と番組制作の関係や、CMの打ち方や枠の種類などのことは、普段よく目にしたり耳にしたりして身近なものである割に、その実態を全然知らなかったので、横川さんのお話を聞いて驚きと面白さを感じました。また、おおよその金額や、視聴時間、普及率などの具体的な数値がグラフで見やすく表されていて、理解しやすかった点もありがたかったです。



2008年から3年間、立命館大学映像学部 夏期集中講義「CMプランニング講座」で講師を担当。

ユニークな授業の内容は、2008年12月27日日本経済新聞や京都新聞に掲載されました。


代表取締役 横川隆司の略歴

ドルフィンスルー株式会社の代表取締役の写真
ドルフィンスルー株式会社の代表取締役写真
  • 1985年 立命館大学経営学部卒業後、広告会社入社。CMプランナー、クリエイティブディレクターとして、テレビCMやアニメ作品など数々の映像制作に携わる。
  • 2000年 カンヌCMフェスティバルへ社の代表団として参加。
  • 2005年 立命館大学大学院 経営学研究科(MBA)修了。専攻は、デザインマネジメント論、ブランド論。
  • 2009年 20年以上勤務した広告会社(ADK)を退社。映像配信ビジネスに3年間勤務。番組制作と編成を担当。
  • 2012年「第13回湘南ビジネスコンテスト」で準大賞に入賞。
  • 2013年 ドルフィンスルー株式会社を設立。代表取締役兼クリエイティブディレクターに就任。

主な入賞歴

  • (社)全日本シーエム放送連盟CMフェスティバル テレビCM部門・ラジオCM部門ACC賞(受賞多数)
  • THE NEW YORK FESTIVALS FINALIST賞(計3回入賞)
  • 上海広告賞 テレビCM部門グランプリ
  • 日本産業広告賞 雑誌部門第2席(計2回受賞)
  • 読売関西広告賞21世紀メルク賞 優秀賞  他多数受賞


 

著書には、「自分をデザインする」(創英社/三省堂書店)があります。セルフデザイン、セルフブランディングの入門書です。

 

2008年から3年間、立命館大学映像学部 夏期集中講義「CMプランニング講座」単位認定科目を講師として担当しました。ユニークな授業の内容は、2008年3月9日日経新聞朝刊、同年12月27日京都新聞朝刊にも掲載されました。

講演依頼やお問い合わせは、下のオレンジ色のお問い合わせボタンからお願いします。