映像制作の流れ

発注から完成には、およそ1カ月の納期が必要です。

 

会社や商品、マーケティング目標や広告目的の確認からスタートします。

オリエンテーション~企画打ち合わせ

何を訴求するか?最も伝えたいメッセージは?などマーケティング情報を当社独自のオリエンシートに記入いただき、企画の方向性やトーンを固めます。マーケティング戦略や広報戦略を理解した上でお仕事に着手します。ドルフィンスルー株式会社は、依頼主とともに成長できる制作会社を目指しています。

【Step1】

会社や商品のことを教えてください。マーケティング目標や広告目的の確認です。将来の目標でも構いません。

 

【Step2】

スケジュールと商圏、規模(予算)はありますか?ザックリでいいので教えてください。

【Step3】

商品の生産現場、販売されている現場、使用現場の3つの現場を見学させていただきます。3つの現場は同じということもあります。


絵コンテ提案

シナリオまたは絵コンテ(映像作品の設計図)を当社より提出します。同時に、制作見積書をご提示します。

制作準備

カメラマン、制作進行、照明スタッフなどを手配し、撮影場所(スタジオやロケ先など)を予約。衣装や小道具の準備、ナレーターの手配もします。スタッフ会議は、オンラインで実施します。場合によっては、撮影事前会議(最終確認会議)を開催します。香盤表(撮影当日の進行表)を提出します。

撮影本番

撮影スタジオまたはロケ地で撮影です。ハウススタジオでの撮影も経験豊富です。また、敷地内や工場内でのドローンによる撮影も承ります。ドローンを自社機材として保有しています。また、ヘアメイクやスタイリスト、音声スタッフを外部に手配することもあります。最小限のスタッフで現場を運営しコストダウンを図ります。

仮編集

撮影した動画素材を編集し、文字テロップやタイトルを挿入。BGMと仮のナレーションを合わせます。当社では、仮編集した作品をMP4(映像のフォーマット)でメール送信します。パソコンにダウンロードしリモートでチェックしていただきます。 

本編集

仮編集試写後、ナレーションや音楽を最終調整して映像作品に仕上げます。ナレーションを録音し最終作品として編集し整音。音のバランスを整え完パケ(完全パッケージ化)します。地上波テレビCMの完パケにも対応しています。

初号納品

完成した映像作品をMP4(映像のフォーマット)でストレージ経由で送信します。最終チェックしていただき、ご要望に応じてUSBメモリやSDカード、DVDやブルーレイでも納品します。YouTubeへのアップロードも承ります。別途、チャンネルをプロデュースしSEOの設定もうけたまわります。

効果測定&検証

YouTubeでの視聴回数や視聴傾向をレポートします(編成会議をご希望のクライアント様のみのサービスです)

上記は、当社での映像コンテンツ制作の一般的な流れです。

映像制作は、テレビCMのように大企業向けのサービスで高価であり、中小企業ではハードルが高いと思われています。しかし、ドルフィンスルー株式会社では、映像制作の独自のノウハウ・安価な発注先確保により中小企業向けの「低価格」を実現しています。映像で販売促進やブランディングをぜひ成功させましょう!まずは、オレンジ色のお問い合わせボタンからお問い合わせください。