コマーシャルソング制作・社歌制作

コマーシャルソング制作はハードルが高いと思ってませんか?

コマーシャルソング(CMソング)は、消費者へのイメージ訴求やブランディングに大変効果があります。しかし、テレビCMなどのコマーシャルソング制作は、大企業向けのサービスで高価であり中小企業ではハードルが高く感じられます。しかし、ドルフィンスルー株式会社では、コマーシャルソング制作の独自のノウハウ・発注先確保により中小企業向けに1ソング15万円〜の低価格を実現しました。コマソンをお店・売り場・動画サイトにお役立てください。社歌や校歌の制作も承ります。

商標登録の対象は文字や図形でした。でも、2015年4月1日に改正商標法が施行されました。音や色彩、動きなども対象に加わり、コマーシャルソングも出願して権利を保有することができるようになりました。

■コマーシャルソング制作

商品のコマソン、サウンドロゴ、イメージソング制作は、当社の得意分野です。コマソンは、消費者へのイメージ訴求やブランディングに大変効果があります。制作実績が多数ある当社にご相談ください。

■社歌制作

会社の周年事業の一つとして、または会社の理念共有として効果的なのが「社歌」です。オリジナル曲の作詞作曲、歌唱、録音、CD納品までワンストップで請け負います。制作実績も多数ございます。捕作詞(歌詞をつくるお手伝い)や作曲家のご提案、ボーカルの選定など、社歌制作のすべてを請け負います。

 

コマソン制作のメリット

M Music 音楽だからついつい口ずさんでしまう。強く印象に残る。

 

E  Entertainment おもしろくない内容でもそれなりにおもしろく聞こえる。

 

R  Remind 店頭や売り場で流れていると思い出してもらえる。

 

I   Image  長期間使用することにより、ブランドイメージとして定着する。

 

T  TV&Radio  テレビCMやラジオCM、社歌への応用など展開ができる。

コマーシャルソングの分類

多くの企業が活用し成功しているコマーシャルソングですが、大きく分類すると以下の3種類になります。

A.オリジナル曲:歌詞も楽曲もイチから制作する

「日立の樹」 「伊東へ行くならハトヤ♪」 「さらりとした梅酒」etc.

・長く使える。

・他社とかぶらない。

B.著作権消滅曲に歌詞をつける

「カメラはヨドバシカメラ」 「ビッグカメラ」 「日清麺職人=ヴィバルディの四季・春」etc.

・楽曲には元々知名度がある。

・コストがかからない。

C.タイアップ曲:歌詞の一部が商品の広告になる

「ウイスキーがお好きでしょ」石川さゆり×角ハイボール、「また君に恋してる」坂本冬美×いいちこetc.

・大ヒットの可能性がある。

・マス媒体で効果を発揮する。

音楽著作物の保護期間は、著作物の創作から著作者の死後50年です。これを原則的保護期間と呼んでいて、国によって異なります。米国では、70年です。
作詞作曲者が不明な民謡やクラッシック曲の場合、著作権が消滅していることが多くコマーシャルソングとしてリメイクすることができます。

低価格の3つの理由

理由1.著作権消滅曲を利用

プロのアーティストに作曲を頼むと著作権が発生し、それなりに料金が発生します。しかし、100年以上前の曲は著作権が消滅しているので著作権料はかかりません。たとえば、『♪たんたんたぬきの・・・♪』という耳慣れたメロディは、米国の讃美歌です。オリジナルで新たに歌詞を付けられてCMソングとして成立しています。当社では、著作権クリアのノウハウを培っています。著作権消滅曲を選定・活用をご提案します。

理由2.音楽はコンピューターで制作/録音

楽器による生演奏だと人件費でコストが増えます。当社では、コンピューターでプログラム/演奏を行うことにより音楽制作コストを抑えています。

コンピューター制作ですから生演奏に比べて修正もスムーズに行うことができます。データ送信やコピーもできて、早く仕上がります。デジタル化のメリットを最大限活用します。


理由3.社長や社員が歌う

一般的なCMソングでは、プロのアーティストが歌っていますが、社長や社員が歌うとコストダウンできます。プロを起用するとやはりそれなりに費用がかかりますが、社長や社員であれば、いわばタダです。

社内一丸となって歌うと、一つのことを協力して行うことにより、社内結束力が高まります。また、歌への想いが愛社精神の醸成にも繋がります。

 

当社の制作実績

・大手コンビニCMソング(テレビCMオンエア中)

・大手百貨店お取り寄せグルメCMソング(Web配信)

・バイオ製品の販売コマーシャルソング(東急ハンズ店頭動画)

・段ボール製の屏風パネル「ダンビョーブ」サウンドロゴ  

・関西の50周年企業の社歌制作

・湘南の110周年企業グループの社歌制作     

 ※その他多数ございます。

制作までの流れ

発注から完成には、およそ2ヵ月の納期が必要です。

【 1 】会社や商品のことを教えてください。

   会社の理念、マーケティング目標や広告目的の確認。

   スケジュールと商圏、規模(予算)をお伝えください。

【 2 】企画と提案。制作費の見積書を提示します。

【 3 】歌詞検討、作曲家ご提案~決定

【4】ラフスケッチご提案→試聴

【5】スタジオでボーカル録音→試聴

【6】音楽最終ミックス→CD納品