映像をつくっておしまいにしない。

グラフィック広告との連動サービス始めました。

動画広告とグラフィック広告の特徴

動画広告は…

・多くの情報をわかりやすく短時間で伝える。

・直感的に伝わり記憶に残りやすい。

グラフィック広告は…

・詳細を伝えることができる。

・紙面を保存できすぐに取り出せる。

役割を分担しながら、メディアミックスで訴求効果は倍増!

動画広告とグラフィック広告、相互に補完し相乗効果を発揮させます!

 

グラフィックツールにQRコードを掲載し接触機会を増やします。

映像をつくっておしまいにしない。

ドルフィンスルー株式会社は、販売促進やブランディングを目的とした映像制作を請け負います。映像はYouTubeで公開し、いつでもどこでも誰でも視聴できるようにします。そして、映像をつくっておしまいにしません。キャッチコピーやメインビジュアルを平面広告でも使います。キャラクターやロゴマークも同じモノを使用。映像と同じ内容をグラフィック広告にも展開します。QRコードを活用したパンフレットやチラシ、リーフレットやポスター、雑誌・新聞広告の制作も承ります。

 

他にも、商品パッケージデザイン、ブランドロゴマーク開発、配布サンプル、店頭POPなど各種印刷媒体にも対応しています。

ドルフィンスルー株式会社は、DVDプレス、交通広告(トレインチャンネル)やデジタルサイネージ、バナー広告、地上波テレビCMの制作にも対応します。映像は、さまざまなコミュニケーションツールの一部です。YouTubeでの視聴回数を増やすことも大事ですが、クロスメディアによりたくさんの見込み客との接触機会を増やすことも大事です。当社は、コマーシャルソングやサウンドロゴ、キャラクター開発、ダンスCM、キャッチコピー開発、ブランドロゴマークデザイン、コンセプト開発が得意分野です。