連載コラム㉗ YouTubeのアカウント確認を受ける

YouTubeのアカウントの確認を受けておくことで、

  ・カスタムサムネイルが使える(コラム28参照)

  ・15分以上の長尺作品も投稿できる

  ・収益化が可能になる

などのメリットがあります。

アカウント確認とは、YouTubeに操作しているのがロボットではなく人間であるということを認識してもらう作業です。自動音声メッセージによる確認がスムーズです。

まずは、youtube.com/verify にアクセス。

1.アカウント確認では電話番号を入力を求められます。

2.携帯電話の番号でもOKです。入力します。

3.電話の音声メッセージ(女性の声・日本語)で確認コードが送られてきます。

4.コードを入力。

なお、同一の電話番号で多数のアカウントが作成されないように1つの電話番号で年間2回まで制限が設けられています。 

以下のようにYouTubeのクリエイターズツールから認証を受ける方法もあります!

まず、自分のチャンネルを開いて「クリエイターズツール」をクリックです。クリエイターツールは、YouTubeの管理画面で最もよく使うボタンといえるでしょう。クリエイターツールには、ダッシュボード、動画の管理などの項目があります。

YouTubeのアカウント確認
YouTubeのアカウント確認
YouTubeのアカウント確認
YouTubeのアカウント確認

 

 

 

次に、左側にある「チャンネル」を選択します。チャンネルの中にもさまざまな項目があり、「ステータスと機能」をクリックします。

YouTubeのアカウントでログイン後、「YouTube アカウント確認」でグーグルで検索しても下の図になります。


YouTubeのアカウント確認を電話照合しカスタムサムネイルを機能させる
YouTubeのアカウント確認を電話照合しカスタムサムネイルを機能させる

電話番号を入力後、10秒ほどで電話がかかってきます。電話照合サービスでは、クールな女性の声で2回数字を読み上げてブチッと切れます。ロボットによる自動音声メッセージです。メモの用意をオススメします。ロボットではない証明をロボットが確認するというのも奇妙ですが、YouTubeの利用者は10億人なので仕方のないことかもしれません。

 ■YouTube から電話番号の入力を求められる理由

YouTubeが電話を通じてホンマもんの人間であるかどうかを確認しているのは、チャンネルプロデュースの乱用と不正行為を防止するためだそうです。


映像の色の仕組み RGB